NO IMAGE

百鬼時事通信 第十五号 大阪万博は即刻中止!!維新と自民も解体せよ!!塵の埋め立て地に建設される塵建造物

時事ニュースなのに相変わらず情報が遅いですが・・・今世間を騒がしている大阪万博について記事を書きます。馬鹿騒ぎのために、公金が溝に捨てられ続けているのを考えただけで頭に来ますね。万博と言えば、2005年の愛知万博(愛・地球博)が思い出されますが、あれも自然の活用ではなく、ただの自然破壊でした。会場予定地は瀬戸市「海上の森(かいしょのもり」から、長久手の愛知青少年公園に変更されました。しかし、愛知青少年公園にも大鷹をはじめとした絶滅危惧種が生息しています日本共産党愛知県委員会による愛知万博開催の批判記事が、ネット上で読む事が出来ます。やはり、今信用出来そうなのはれいわ新選組日本共産党だけです。

本当に自然を活用したいのなら、国が自然保護区を拡大し、徹底した管理をすべきです。それでもって、「手付かずの自然」に訪れた人達が触れることで感動を覚え、自然保護の大切さを学ぶ機会を与えるべきでしょう。どれだけ耳障りの良い宣伝やマスコット、「自然に優しい」と言う的外れな文句を用意したところで、本当は「金儲けをしたいだけ」なのは明白です。本当に自然保護を訴えるなら「何もしない」のが一番です。石井絋基氏が存命なら、さぞかし嘆いていた事でしょう。彼も自然の大切さを説いていました。

「今だけ、金だけ、自分だけ」が合言葉の自民・公明連立政権と日本維新の会に政を任せていると、国が滅びます。こいつらは、自然が徹底的に破壊された後に生まれて来る次世代の人達の事を、全く考えていません

絶望しかない世の中ですが、最近希望の光も見えました群馬の前橋市長選で、野党系の新人が自民・公明推薦の現職山本龍を破りました!!新人が、しかも「現職で自公推薦」を倒すのは、大した快挙と言えます。群馬と言えば、自民党の地盤が固い所の筈ですが、とても良い兆しです。岸田を選んだ広島県民はよく見習って、猛省しなさい

YouTubeでも自公維を倒すべく、草の根運動を続けるチャンネルが育っています。段々と真の悪は何であるか、何をすべきなのか人々は気付き始めています。大事なのは行動し、継続する事ですね。私も、私に出来る事を続けたいと思います。増額に次ぐ増額による情報の氾濫があり、全ての情報を網羅するのはしんどいので、一部を抜粋しました。

昨年2023年11月2日、政府は最大235億円に上振れする会場建設費について、増額分を国費で負担すると発表しました。建設費は国と大阪府・市、経済界が均等に負担する取り決めがされています。この時点で当初1,250億円の予定だった建設費は驚きの1.9倍(2,350億円!!)に膨らむ事が確定しました。遡って10月20日、万博を主催する公益社団法人日本国際博覧会協会は、資材費や人件費の高騰で500億円が追加で必要と説明していました。資材費は物価上昇に伴うものなのでまだ理解出来ます。しかし人件費の高騰とは何でしょうか?実質賃金が上がっていない今の日本で、人件費が膨らむ要因は全く無いと思います。どうせオリンピックと同じで、パソナやその他派遣業から、切り捨て可能な安い労働力を大量に流し込むでしょうに

西村康稔経済産業相は会見で「物価上昇によるもので止むを得ない、更なる増額は想定していないと述べました。西村よ、増額分はお前の「裏金」で負担したらどうだ?

自見英子(じみはなこ)万博担当相「現場労働者の適正賃金の確保も重要な責務」として国民に理解を求めました。理解出来るか阿保!!

11月20日の衆院本会議で会場建設費増額について岸田文雄「予期出来ない物価上昇に対応する金額」も見積もっている事から、「更なる増額は想定していない」と明言しました。これに対し、立憲民主党梅谷守議員は「想定外に対応と言ってしまえば、いくらでも増税の余地がある」と追及しました。梅谷氏の追及に対し、岸田は「さらなる増額(建設費について)を認めるつもりはない」と言い切りました

11月27日、政府は参院予算委員会で「膨張した会場建設費とは別に」日本館の建設費等に少なくとも837億円の国費負担があると明らかにしました。国費負担の内訳は日本館関連360億、途上国支援240億、警備費199億、万博の機運醸成38億となっています。「機運醸成」とか、本当に訳が分からないですね。

12月1日発行の毎日新聞によると、市街地と夢洲を結ぶシャトルバスの阪神国速淀川左岸線2期整備事業の2,900億円(国費負担1,600億円)を含める検討に入りました。これとは別に会場建設費等で、既に1,620億円の国費負担があることを表明しています。この時点で事業費は当初の2.5倍の2,957億円に膨れ上がりました

12月13日時点で、万博の運営費が1,160億円に膨らむ試算が判明しました。2020年12月時点で想定されていた809億円から、4割も増加した事になります。人件費の上昇や、万博に向かうバス停付近の駐車場周辺の渋滞対策が、新たに盛り込まれることが原因です。

当初、会場警備費は入場料収入等から賄う運営費から拠出される予定でしたが、「安倍晋三銃撃事件」を受けて警備強化が必要となり、199億円が別枠で政府が負担すると決定したようです。安倍の名前を出せば、国葬でも警備費でも、湯水の如く使えると思っているのでしょうね安倍は死んでからも国民に迷惑をかけています

日本国際博覧会協会の公式ページから、役員一覧表を抜粋しました。知らない名前が多いですが、ちらほらと何処かで目にした会社名や人名が目に付きます。

トラウデン直美とか、ただのモデルが一体何の役に立つのでしょう?教育委員会に棋士が任命される事と同じぐらい無意味です。それから、サントリー関係者の名前が確認出来ます。サントリーと言えば桜を見る会で、酒類の無償提供をしていました。酒税増税延期に纏わる何かがあったようですね。

極めつけはヴェオリア・ジャパン野田由美子なる人物が名を連ねている事です。フランスの水道事業を行っているヴェオリア・ジェネッツの日本法人代表です。有名な話で、麻生太郎の娘である麻生彩子の結婚相手は、このヴェオリアの幹部になります。政略結婚と言われていますが、早い話が日本の水道を外資に売ろうとしている訳です。日本でも現在、一部地域で水道の民営化が行われています。民営化にあたって水質、水道料金を一定に保つ事を義務付けられているようです。なら安心じゃないか?と思うのは早計です。営利企業なら「原材料費高騰」があった場合などに価格に転嫁出来ますが、水道の場合はそれが出来ないと言う事です。「価格据え置きで品質は保て」と言うなら、無理な経費削減や現場職員の負担増など、他に皺寄せが絶対に来ます結果として水質の保証もされない可能性があります水道の民営化で成功した事例は世界に存在せず、どの国も失敗して公営に戻しています。現場支援策も無いのに「学習時間を削減した状態で学力を維持せよ」と命令されたゆとり教育と同じです。あれはゆとり教育が悪かったのではなく、何も具体的な計画が無いまま突っ走った結果です。現に同じゆとり教育をしているフィンランドでは、高い学力が維持されています公共事業や教育、福祉等の質が悪いのは、国が無能だからです。

利権に絡んだ企業関係者が役員名簿にある時点で、垂れ流される公金と言う名の蜜を吸いに来た害悪共の巣窟と化しているのは明白です。企業以外は、御用学者か天下り団体関係者かと思います。○○大学とか、○○社団法人とかですね。

何故、大阪の人達が維新の会に票を入れるのか全く理解出来ません。自民党に票を入れるのと同じです。新自由主義路線を取り、金持ち優遇の弱者切り捨てをしているのは自民党と共通しています。現在は維新から離党している橋本徹ですが、基礎を築いたのはこの屑です。

維新と言えば公務員叩き、公務員切りが有名です。効率だとか、無駄をなくすなどと言っていますが、一番の無駄は維新の会です。維新は公立学校を17校閉鎖し、跡地にはマンションや商業施設が市立松原病院の跡地にも同じく商業施設が建てられました。また、道路の整備を怠った結果、交通事故の死亡者数が全国で最多(2022年、2023年連続)となりました

さらに、役所職員や保健師が減った結果として、大阪はコロナの死亡率が全国一になりましたコロナの隔離生活時に配られた食事内容も、金額に対して粗末だと批判されていました。相当、中抜きがあったのだと思います。

日本の労働者に占める公務員の割合は、OECD加盟国の中では最下位です。公務員の数が多過ぎると言う事はありません。公務員は病気で1年2年休んでも首にならなかったり、自衛隊には「補充課」と言う役立たずの島流し部署があるそうですが(元自衛官の友人談)、確かに無能な公務員は税金の無駄遣いです。しかし、この国の税金を一番無駄にしている害悪は特殊法人なので、一番叩くべきはそこです。それに、どんな営利団体にも公益団体にも、役立たずは一定数います。

大阪の人達が何故か維新の会に票を入れ続けるのは、東京都民が石原慎太郎舛添要一小池百合子と言った人間の屑、無能の役立たずに票を入れ続けた事に酷似していますね。どちらも結果は同じで、公権力の私物化・乱用です。政治は国民・市民を映す鏡です。一番の責任は為政者にありますが、それを選ぶ国民・市民の責任や教養も問われています。いずれ、維新の会を徹底的に叩く特集記事を書きたいと思います。

万博会場である塵の埋め立て地の「夢洲(ゆめしま)」軟弱地盤として知られています。塵の埋め立て地なので、地盤が強固である必要が無く、塵を投棄した際に沈んでいく方が便利なのでしょう。なので、いくらつぎ込んでも地盤は強固にならず、費用だけが青天井で膨らんでいきます。埋立地と言えば、関西国際空港がありますが、この空港もいまだに地盤沈下を続けています。さらに、2018年9月の台風21号が発生した時は水没しています。また、塵の埋め立て地だけにその下には有毒な物が沢山埋まっています。それから、わざわざ作った塵の埋め立て地を無くすと言うなら、塵の埋め立て地が別に必要になるんじゃないですか?馬鹿の極み、未曽有の環境破壊ですね。

万博の後にはカジノを開く計画もありますが、これについても問題だらけです。カジノ事業は住民合意が必要ですが、住民投票で決めようと署名が沢山集まったにも関わらず、大阪維新の会と公明党が府議会で否決するなど、民意が完全に無視されました。アメリカではマフィアの浸透を防ぐ為にカジノ管理委員会が存在しています。しかし、結局のところカジノがマフィアの資金源となったり、資金洗浄の場として利用されてしまった過去があるようです。また、日本は「違法賭博」であるパチンコのせいで既に、賭博依存症・中毒者の土壌が出来上がっています。さらに、消費者金融や奨学金の返済など日本国民は恒常的に借金漬けで、増々生活困窮や家庭の不和などの温床を作り上げる事になります。万が一開催する事になっても、入場規制については厳格にする必要があります。入場者の所得や貯金、医療にいくら使っているか、反社会勢力との繋がりが無いか等、入場するに相応しいか審査に必要な情報は膨大です。ただでさえ情報管理が杜撰な日本が、まともに出来ると思いますか?年金情報の流出や、特殊詐欺など、個人情報が悪用されている日本の現状を考えれば、カジノが新たな個人情報の流出、犯罪の助長の根源となるのは必定でしょう。

止めを刺すようにこの軟弱地盤。もし万博やカジノ開催中に大規模地震が発生したらどうなるでしょう?建物の倒壊、水没、外界との途絶。未曽有の大惨事になる事は明白で、多くの人命が失われるでしょう。そして、費やされた多額の公金は正に水の泡です。

もう、どこに切れ目を入れても批判しか出来ない大阪万博。万博が終わったら廃棄されるだけの天井に100億とか・・・完全に狂ってますね。正に「自民・維新と言う塵」による塵のための、塵みたいな建造物を、塵の埋め立て地に建てている訳です。ついでに、自公・維新も夢洲に埋め立ててはどうでしょう?

既に傷は深いですが、これ以上損害を出す前に万博もカジノ計画も即中止です。それしかありません。「ここまで金を湯水の如く注ぎこんだのだから、開催しないと無駄になる~」とか馬鹿な事を言っている連中がたまにいますが、あともうちょっとで当たりそうだからと、パチンコ台で粘るパチンカスと同じ言い分です。万博もカジノも要りません。ついでにリニアも要りません

万博に使われるお金と建材を全て、能登の被災地に送りましょう!それが一番有効な活用法です。そして、万博に使われた無駄金は全て、自民と維新、それから連中に票を入れた馬鹿な国民が責任を持って負担すれば良いと思います。連中を権力の座から引きずり下ろし、二度と政治に関わらせないと言う強い決意が必要です。日本国民よ、選挙に行って奴らに引導を渡しましょう!!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG