シャトー・デ・ミル・アンジュ2012 M・シャプティエ タヴェル ロゼ

  • 2024-05-06
  • 2024-05-06
  • view

初めに

2024年3月中にワインを二本開けたので、今回は久しぶりにワインについての記事です。近場の酒屋で適当に買った物と、以前購入した生産者の物を。一つはワインの銘醸地ボルドーシャトー・デ・ミル・アンジュ2012。もう一つはボルドーに次ぐ銘醸地コート・デュ・ローヌM・シャプティエのタヴェル・ロゼ。容量はどちらも750mlで、度数は前者が13.0度、後者が14.0度です。どちらも2,000円以下で購入出来る商品です。

久しぶりにアニメのマスターキートン(懐かしい)を観ていたら、無性に飲みたくなって購入しました。このアニメには架空ですがワイン生産者の回があります。ワインについて深い知識は無いので、こんな商品がありますよ、と言う宣伝程度でさっと終わらせます。

色・香り、味わい

ミル・アンジュの色は深い赤紫色。私にはワインは全部同じ色に見えますが・・・香りは葡萄よりトマトジュースのような塩っ気を感じました。どこか瓜系の匂い、青臭さもあるような気もします。

渋みは結構強めで、舌が乾くぐらいでした。余韻に発酵臭、パンのような酸味があります。二杯目の方が美味く感じられました。酒屋の宣伝によると「こくがある」との事でしたが、確かに爽やかで瑞々しさがありながら、しっかりこくがあると思いました。

M・シャプティエは美しい赤、ルビー色。ロゼワインを飲むのは初めてでしたが葡萄の香り、酸味は赤ワインに近いかと思います。とても香しい。他に熟した果実、甘く穏やかな苺ジャムのような香りが感じられました。

素人なりの評価として、赤ワインと白ワインの中間のように思えました。渋み、酸味は控えめと思われます。すっきりとしており、爽やかな果実感があり飲み易いと思います。

最後に

日本の安物ワインの食品表示を見ると「濃縮還元果汁」とか「アルコール」の表示が確認出来ます。日本では言ってみれば、葡萄ジュースにアルコールを足しただけの物をワインとして売っている訳です。ペットボトルで売られているようなやつです。EUでは、そのような紛い物にワインの表示は使用出来ません。EUには「ワイン法」が存在し、新鮮な葡萄を発酵させた物以外はワインと認めなかったり、加水が禁止されるなど、厳しい基準があるからです。葡萄の発酵過程が存在しないなら、そんなのワインじゃないですよね。そもそも、葡萄作りから真剣に取り組んでいる人達に無礼です。私はワインの美味さが分かる程にはまだ知らない事が多いけれど、飲む時はしっかりとした基準を通過している「本物のワイン」を飲みたいと思います。その内、ワインを使ったカクテルも作りたいと思います。

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG