ウシュクベ リザーブ

  • 2024-01-07
  • 2024-02-01
  • view

初めに

2023/12/30開封、価格は4,200円。度数43.0度、容量700ml。産地はスコットランド、生産者はトゥエルブ・ストーンフラゴンです。ブレンドウィスキーで、年数はNASです。ウシュクベ(ウシュケバー)とは古代ゲール語で「命の水」を意味し、「ウィスキー」の語源です。昔は現代のような浄水設備が無かったので、ワインやエールが水代わりに飲まれていたとか。

生産者のトゥエルブ・ストーンフラゴンは、アメリカのペンシルバニアに本拠を置く酒商です。スコットランドはグラスゴー市に現地法人を作り、そこで生産を行っています。

この商品を検索すると、サイトによって情報の違いが散見されます。10年~18年熟成の原酒を使用とか、モルト含有率60%と言う情報を見かけました。もしかしたら、情報が古いのかもしれません。海外サイトや公式サイトで確認したところ、現在はシングルモルト含有率50%以上。使用しているそれぞれのシングルモルトが16~18年の熟成で、良質なグレーンウィスキーとブレンドされています

色・香り、味わい

色は明るく薄い小麦・狐色。香りは甘く香しいです。穏やかで果実感があります。裏面ラベルの記載通り、蜂蜜の香りやバター臭さはあるかと思います。

ウシュクベを飲むのは、ちょうど4年前にカスクプルーフを購入して以来です。一時、私がよく利用する酒屋では入荷したら即完売していましたが、最近は落ち着いたようです。前は瓶が曇りガラスでしたがが、今は透明になりました。瓶の見た目はウィスキーと言うより、ワインのような佇まいで雰囲気があります。

最初コルクを抜く時に、結構固かったです。久しぶりに飲む銘柄で、わくわくしながら開栓しました。林檎のような果実感や蜂蜜のような甘さがあり、華やかで極めて滑らかなアルコール。やや塩っ気があるか。余韻に香辛料のような刺激や苦味。柔らかで優しい味わいです。甘く、口当たりが極めて軽くて飲み易いブレンドウィスキーです。

良く味わうと、いくばくか香ばしさが感じられます。ピート香と言う程、強いものではありません。人によってはシェリーの風味を感じられるようですが(シェリー樽も使用している)、私の味覚ではあまり感じられませんでした。使用しているシングルモルトは最低年数が16年ですが、熟成感が強く押し出されているようには感じません。

引きは早くあっさりですが、物足りない感じはしません。誰にでも受けが良さそうな、優等生的な商品であると思います。価格上昇はしていますが、品質が落ちていないようで何よりでした。ベルギーの音楽家DAANのライブ映像を楽しみながら、ウィドウジェーン(別記事参照)の残りと共に賞味しました。彼はDead Man Rayと言うバンドでも活動しており、ベルギーを代表する良質なバンドの一つなのでお勧めです。

この酒を飲んでいる年の瀬、子供の頃に感じた厳しい寒さを現在は感じません。季節感の無さに違和感を感じつつ、次の年を迎えようとしています。私が子供の頃は霜が降りた生の大地を踏みしめ、さくさくとした音を楽しみながら通学したものです。朝から半袖の体操着でマラソンをしたことや、本当に寒い日にしか教室で石油ストーブが焚いてもらえなかった事を思い出しました。夜中トイレに立つと、布団に戻る頃には体が芯から冷えたもの。寒さを厳しく恨めしく感じる一方で、冷気に包まれ静寂に染まる世界や、痛いほど凍てつく空気がどこか厳かに感じられました。だからこそ、暖の有難みが分かったのです。80年代は良い時代だったと思います。戦争や災害のニュースばかりが目立った2023年。古き良き時代への寂寥感を抱きつつ、絶望しかない未来へと行進を続ける人類。来年は少しでも、明るいニュースが増えることを切に願います。

最後に

数年前と比較すると1,000円ほど値上がりしましたが、以前買う価値のあるブレンドウィスキーだと思います。常飲用にするにはやや高いですが、バランタインやシーバスリーガルではなく、ちょっと我慢してお小遣いを溜めて、こちらを買った方が良い気がします。久しぶりに飲みましたがやはり美味かった。また購入したいと思います。ご馳走様。

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG