NO.3 ロンドン ドライジン

  • 2023-05-13
  • 2023-05-16
  • 1view

初めに

2023/4/30開封、価格は3,710円。度数46.0度、容量700ml。産地はイギリス、BB&R社(ベリー・ブラザーズ&ラッド)というワイン商が作るジンです。販売はBB&R社ですが、実際に作っているのはオランダのデ・カイパー蒸留所De Kuyper Royal Distillers)です。スピリッツはグレーンを使用しており、100年前の銅製ポットスチルで蒸留しています。

NO.3の名前の由来は、ロンドンのセント・ジェームス通りにあるBB&R社の建物の番号。それから使用している果物と香辛料の種類が共に3である事です。かくかくとした特徴的な瓶と、嵌め込まれた鍵の飾りが印象的で目を引きます。

材料はアンジェリカの根、オレンジの皮、カルダモン、グレープフルーツ、コリアンダー、それから勿論ジュニパーが使われています。材料はこの六つのみ。

色・香り、味わい

色は無色透明。瓶の鍵のところにシトラスの表示があるように、開封時に柑橘の香りがしました。直に嗅いでも香りは弱めです。

最初の一口は、少し滑りを感じました。第一印象で、味わいは単純だと思いました。「モンキー47」のようなジンを飲んだ後なら猶更。アルコールの強さと、ジュニパーの香りがしっかり伝わって来ます。注意深く味わうと、グレープフルーツの香りも伝わって来ます。

結構単純で、力押しのジンだと思います。上質な方だと思いますが、もう少し味わいに複雑さと繊細さ、充分な旨味が欲しいところです。アルコールをきつく感じるので、滑らかさも欲しいと思います。二杯飲んで舌が妙に乾き、痺れるのを感じました。

途中から余韻に苦味が出てきました。柑橘系の皮のような感じ。グレープフルーツの苦みかもしれません。辛口のジンで、塩っ気がやや強いかと思います。半分以上飲んだところで、ジュニパーがより明確になり、塩っ気は引いてきました。最後の方まで苦味は強めでした。

最後に

同社のジンは前に映画キングスマンの記念商品を飲みましたが、それ以来です。少し記憶が古いですが、キングスマンの方が美味かったと思います。同じ価格帯でもっと良いジンがあるので、分が悪いかなと思います。

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG